総務部で働きたい人のためのブログ

総務の仕事とは。総務の役割とは。総務の仕事について現役総務部長が思うところを本音でつづる。総務部はなんでも屋ではない。「困ったら総務部、面倒なことは総務部」なんてナンセンス。総務の仕事をロジカルにこなしてこそ仕事も充実する。縁の下の力持ちとしての総務を語る。

社員教育とビジネスマナ-

 

総務部の4月のスタ-トは新入社員を迎えることからはじまる。まずは新入社員に対する会社の告知の準備から、約1ヶ月にわたる新人研修の段取りとカリキュラムをしっかりこなすこと、社員の協力体制を最後まで維持・コントロ-ルする調整力が問われることになる。

 

入社式ひとつとっても、式場の準備から分単位のスケジュ-ルをトラブルなくやって当然と会社全体が目を凝らしていると考えるべきだ。

 

社会人の基本となるマナ-研修は特に重要である。外部の講師を手配するのはコスト的に躊躇する中小企業は当然のことながら総務部員が講師役をつとめることになる。私は外部の無料セミナ-を通じ若手総務部員を定期的に派遣して勉強させている。

 

そこでは総務部員自身のビジネスマナ-の向上を図るとともに、講師の話し方や人に対する教え方そのものを勉強させるためでのある。日頃の後輩指導や新人教育など外部のプロの考え方を吸収することは有意義である。

 

新入社員を迎える準備とは、既存の社員に自覚を促す仕掛けづくりなのかもしれない。受け入れ側に先生役になる社員が皆無では心もとない。総務部員は先生役を買って出るくらいが丁度良いのだ。

 

 

 

総務部に求められる労務管理上の調整力

ぜひともランキングバナ-に応援クリックをお願いします。

時代が変わり、一昔前の冗談が冗談では済まされない、あるいは些細な事でも社内問題にとどまらずネットによる拡散から世間から「ブラック企業」といった批判や中傷を受けるリスクの高まりは企業の悩みのひとつになっている。

 

その典型がセクハラやパワハラといった社員間の人間関係の中で起こるトラブルだ。様々な年齢層を抱える企業にとって、世代間の常識・非常識の認識の差やコミュニケ-ションの齟齬から生じるストレスを管理する仕事が総務部門の新たな業務になってきた。

 

そうした問題を「労務管理」の一部として扱う企業が増えてきている。かつては労務管理といえば、「人事考課制度づくり」「社会保険手続き」「福利厚生・従業員サ-ビス」「労働組合対策」「労災事故対策」「労働環境改善」といったことをさしたものであった。

 

それらはいずれも「会社 対 社員」の調整であった。それが現在では「社員 対 社員」の様々な問題にまで会社が管理と対応を求められる時代になったのである。

 

セクハラ・パワハラといった問題を放置すれば重大な事件・事故につながりかねないこともある。その対策と対応は外部の専門機関に委ねるだけではなく、総務部門が社員教育の中で毅然とした姿勢と方針を示さなくてはいけない時代なのである。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。上のバナ-にクリックをお願いします。