総務部で働きたい人のためのブログ

総務の仕事とは。総務の役割とは。総務の仕事について現役総務部長が思うところを本音でつづる。総務部はなんでも屋ではない。「困ったら総務部、面倒なことは総務部」なんてナンセンス。総務の仕事をロジカルにこなしてこそ仕事も充実する。縁の下の力持ちとしての総務を語る。

採用活動と総務

 

採用担当者にとって何より怖いのが採用候補者からの辞退の連絡だ。先日も女性総務部員の求人採用を行ったが、半年前・1年前に比べ明らかに応募者数が少ない。以前なら事務系職種ならハロ-ワ-ク経由でも掲載初日から数10件の反響があるのが当たり前であった。

それが今では極端に反響減となっている。景気の回復により全体の求人数の回復との見立てに間違いはない。現場作業員系求人に止まらず、営業職・事務系職とも人手不足感は確実に中小企業にもたらされている。

そんな状況下で書類選考のうえ会ってみたい応募者と複数回の面接を行った。その中からひとりの女性に白羽の矢を立てた。デスクワ-クが未経験(それまで主に接客と店舗運営を経験してきた女性)だったが頭の回転が速く、常識的な受け答えに好感が持てたので3回目の最終面接(経営者面接)に進んでもらう連絡を入れようとした矢先に辞退の連絡が入った。

「御社より先に内定をいただいたので・・・・・」と彼女の弁に即座に返す言葉を失っていた。これは完全に売り手市場の時代の忘れかけていた決めゼリフではないか。

これまでの長い景気低迷の影響で名も無い中小企業でも人選に時間をかけてこれた。応募者を泳がせておいても事務系なら求人数自体が少ないから逃げられる心配もあまり感じなかった。すでに世の中の潮目は売り手市場になっているのだ。現状認識の甘さを思い知らされた。

内定予定者に逃げられる衝撃はすさまじい。採用担当者にとっては最も手痛いミスと言える。内定を決めたら即連絡し、早急に入社日まで詰めなければいけないことを再認識させられた思いだ。今後は応募者一人当たりの面接日程を短縮化し、内定が決まれば直ちに伝えることにした。

職務経歴書に書かれたスキル

 

会社側が求職者に対し最初のハ-ドルとして用意するのが書類選考という関門だ。実は一次面接・二次面接といった実際に膝を突き合わすステ-ジを突破することよりも書類選考を通過することの方が難関かもしれない。

書類選考の2大要素である履歴書と職務経歴書の印象で採用担当者段階で8~9割方はじかれるものだ。実際に直接話を聞いてみたいと強く思う経験やスキルを積んでいる人物の提出書類は社内でも上層部まで回覧されることが多い。

そこで問題になるのが、申告どおりの能力を発揮できる人物かを面接で見極めるこちら側(企業側)の眼力である。多くの場合、職歴書の内容は「盛ってあることが多い」。(経験上)

例えば、「社会保険事務の経験有り」と書かれていても実際には別人が用意した書類を社会保険事務所まで提出する運び屋でしかない場合もある。「経理を担当 」と申告していても結局小口現金と交通費精算程度の管理を担当してきただけで会計ソフトに全く対応できないレベルの者も珍しくない。

面接の印象がすこぶる良く、これまで経験してきた(と話していた)仕事内容から採用に踏み切ったものの、電話応対からしてたどたどしい姿を見せられることもしばしばだ。お客様からの電話応対ひとつで頭の良さ悪さがすぐにわかるものだ。

会社探しの立場になれば、自己アピ-ルの最終兵器である職務経歴書を盛ることは罪悪感すら無いのだろう。そんなところで謙虚になっては自分が損するだけとの思いも理解できる。

採用担当者としては 「職務経歴書に書かれたスキル」ほど鵜呑みにしてはいけないものはないと感じている。