総務部で働きたい人のためのブログ

総務の仕事とは。総務の役割とは。総務の仕事について現役総務部長が思うところを本音でつづる。総務部はなんでも屋ではない。「困ったら総務部、面倒なことは総務部」なんてナンセンス。総務の仕事をロジカルにこなしてこそ仕事も充実する。縁の下の力持ちとしての総務を語る。

総務に挑戦~転職準備(その1)

 

最近の傾向で、20代の中途採用面接者に気がつくことがある。まるでぶっつけ本番で面接に挑んでくるような応募者がけっこういるのだ。


面接の準備はよほどしっかりしてほしいところだが、「何かわからない点はありますか?」と聞いても「大丈夫です。」とかえってくることが多い。応募者が企業側の様子や従業員の働き方など、ちょっとした社内の空気を面接担当者から聞き出そうとすることは何ら失礼なことではない。

そうした言葉のキャッチボ-ルで面接担当者の第一印象が良いものになることも多い。通りいっぺんの質問-回答、質問-回答の繰り返しでは、話しぶりの印象のみで判断されてしまう。

会話を通じて知識や個性のアピ-ルがしっかりできる人物が採用の大前提であることを理解できていない方が意外に多い。面接の前には必ず会社側への質問を何点か準備して欲しい。

その際の注意点としては、いきなり会社の業績動向や取引先名が飛び交うような話題は少し先走りすぎだろう。希望部署の仕事の運び方や、年齢構成、求める人材像や、始業から終業までの標準的な行動内容など職場環境の質問で面接官の肩をほぐしながら、控え目にも貴方自身の仕事に対するポリシ-を織り交ぜて語るのが良いだろう。

就職活動用の想定問答集は数多い。相手からの質問への備えも大切だが、貴方から企業側・面接担当者への問いかけも準備しておきたい。次回はそのポイントを取り上げてみたい。

「何でも屋の総務」の誤解

 


ぜひともランキングバナ-に応援クリックをお願いします。

中小企業の総務部門では人事であったり経理であったり、大企業では独立した部門の仕事を一手に管轄する場合が少なくない。それだけ「何でも屋の総務」と言われる所以であろうか。

 

人事部門といえば採用活動が対外的な仕事になるので華やかなイメ-ジがあるが、実は人事考課、つまり社員の業務成績評価を行い、異動・昇進・昇格・昇給を戦略的に実施する、会社内部に対する重要な仕事を担っている。

 

人事評価の中でも、実は管理職の力量を計ることが難しい。単純な年功序列式にのっとり、ある年齢が来たら全体のバランスを考えながらそれなり役職を与えてしまいがちだ。


しかし中小企業となると同期が全くいない場合もあるし、その方が多いかもしれない。要するに競争原理が働かない組織内での昇進・昇格を総務人事部門が考えないといけないことになる。

管理職の要件としては、まずリ-ダッシップが無くては話にならない。部下を率いる者が、部下の顔色をうかがいながら「言うことを聞いてくれない」とさらに上の上司に愚痴をこぼすようでは勤まらない。最近ではそういう相談が私の耳に入ることが多くなった。

ある種の強制力を行使することに憶病な人材が増えてきているのではないか。仲良しクラブの代表格程度では「課長」を名乗る資格はないだろう。

営業であれば話は簡単だ。何より営業成績が1番であることだ。ボスザルになるには喧嘩(ここでは営業力)が一番強くなくてはいけない。事務系であれば業務の知識量で部下を圧倒する力が必要だ。人使いに長けることも求められる資質だろう。

同時に内部の人材の成長をさせる仕組みづくりが重要になる。私の会社では、決して安くないコストをかけても管理職研修会を外部コンサルに委託する取組みをはじめたところだ。

 

総務部門が社員サ-ビス担当部署のような「お人よし」で済む時代は終わっている。だからこそ総務で仕事にしたい貴方には貪欲な行動力を求めたいのである。