読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総務部で働きたい人のためのブログ

総務の仕事とは。総務の役割とは。総務の仕事について現役総務部長が思うところを本音でつづる。総務部はなんでも屋ではない。「困ったら総務部、面倒なことは総務部」なんてナンセンス。総務の仕事をロジカルにこなしてこそ仕事も充実する。縁の下の力持ちとしての総務を語る。

面接でのつまらない嘘  ②

 

営業職を募集したときのこと。彼は私に対し致命的な嘘をつくことになる。40代半ばになる彼は自身の出身学部を学校教育学部と記入した履歴書を提出していた。面談の過程で経歴を確認すると、高校時代から県内強豪チ-ムでサッカ-選手としてならし、多くのJリ-ガ-を輩出するサッカ-の名門大学に進んだ経歴の持ち主だった。

その大学は偶然にも私の志望大学のひとつでもあった。年代も多少の前後はあるが、ほとんど変わらない世代である。当時、大学の沿革はしっかり調べていたのですぐにオヤっとした。その大学には体育学部があり、学校教育学部なるのもは存在した事実はない。

彼の意図することが頭を巡った。これまで多くの面接で、必ず出身学部の話になったのであろうと想像できた。「体育学部」のフレ-ズが彼の職探しに付きまとってきたに違いない。「体育」を「学校教育」としたことに彼の苦悩が伺えた。

当然不採用である。いい年してつまらない嘘をついた彼は、その先でも同じ嘘をつくのだろう。採用後に経歴詐称の憂き目を見ることに怯えながら。

嘘も方便というが志望動機なり、退職理由ならその場をしのぐことができるかもしれない。しかし経歴を偽るのは契約の信頼を裏切る行為であり、まったく許すことはできない。