総務部で働きたい人のためのブログ

総務の仕事とは。総務の役割とは。総務の仕事について現役総務部長が思うところを本音でつづる。総務部はなんでも屋ではない。「困ったら総務部、面倒なことは総務部」なんてナンセンス。総務の仕事をロジカルにこなしてこそ仕事も充実する。縁の下の力持ちとしての総務を語る。

バックオフィスと営業の連係

 


ぜひともランキングバナ-に応援クリックをお願いします。

営業部門は会社の花形であり、総務部を含む管理部門は会社の潤滑油とか、縁の下の力持ちと評される点は今も昔も変らない。

 

数字に追われる営業の仕事に比べ、ノルマというか、月間これだけのことを数字にして会社に上げなければならないといったプレッシャ-はたしかに無い。その分、「総務は楽だ」といった空気がある会社は実は営業部門が十分機能していないケ-スが多い。

 

営業マンが会社に出勤してから帰宅するまで、営業だけに打ち込める仕事環境は管理部門が総てをお膳立てしてはじめて可能なことである。家庭で掃除・洗濯・自炊・買い物・子育て(教育)の総てを行ない、それに加えて仕事をこなすのはいかに大変であるかに置き換えて考えてみて欲しい。会社という組織で営業以外の総てをするのが文字どうり総務なのである。

 

営業に必要な、営業車の管理ひとつとっても車両の維持管理、雪の対策、駐車場手配から駐禁の始末、事故の対応、保険契約の管理、燃料代管理、安全管理教育まで営業マンの知らぬところの手配・気配りがあってはじめて用意されるものである。

 

そうした意味では総務は営業の仕事をより知るべきである。もし総務の仕事をしたいが営業経験しかない方も、全く心配はいらない。営業の世界を知ることが総務にとって何よりのスキルであるからだ。

 

 

 

総務部に求められる新たな労務管理

ぜひともランキングバナ-に応援クリックをお願いします。

時代が変わり、一昔前の冗談が冗談では済まされない、あるいは些細な事でも社内問題にとどまらずネットによる拡散から世間から「ブラック企業」といった批判や中傷を受けるリスクの高まりは企業の悩みのひとつになっている。

 

その典型がセクハラやパワハラといった社員間の人間関係の中で起こるトラブルだ。様々な年齢層を抱える企業にとって、世代間の常識・非常識の認識の差やコミュニケ-ションの齟齬から生じるストレスを管理する仕事が総務部門の新たな業務になってきた。

 

そうした問題を「労務管理」の一部として扱う企業が増えてきている。かつては労務管理といえば、「人事考課制度づくり」「社会保険手続き」「福利厚生・従業員サ-ビス」「労働組合対策」「労災事故対策」「労働環境改善」といったことをさしたものであった。

 

それらはいずれも「会社 対 社員」の調整であった。それが現在では「社員 対 社員」の様々な問題にまで会社が管理と対応を求められる時代になったのである。

 

セクハラ・パワハラといった問題を放置すれば重大な事件・事故につながりかねないこともある。その対策と対応は外部の専門機関に委ねるだけではなく、総務部門が社員教育の中で毅然とした姿勢と方針を示さなくてはいけない時代なのである。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。上のバナ-にクリックをお願いします。